生命保険の勧誘について

 

生命保険の勧誘について、
話をしていきたいと思う。

 

生命保険の勧誘

 

生命保険に限らずだが、
俗に言う営業職と呼ばれる仕事には、
必ず勧誘は付き物である。

 

なぜならば、
生命保険の営業マンの仕事は、
顧客に、契約をしてもらうことが仕事であり、
その為だけに存在しているからである。

 

※会社によっては、
顧客に生命保険を契約してもらわなくても、
相談をすることのみで、
保険会社からお金を貰っている会社もあります。

 

営業は悪なのか?

 

私は生命保険では無いが、
以前、営業職の管理職をしていたことがある。

 

今は営業職ではないが、
当時の経験から言うと、
営業は必ずしも悪ではない。

 

私、個人の考えだが、
人間(客)は、
基本決断出来ない

 

なぜならば、
人間という生き物は、
変化を恐れる生き物だからだ。

 

別にそこまで必要では無い、
だが、あれば便利。

 

今の世の中は、
このような商品で溢れている。

 

生命保険など、
まさにこの最たる例だろう。

 

※勿論状況によって変わります。

 

人によっては、
生命保険の必要性が高い人もいます。

 

決断させる

 

客が必要としていないものを、
必死に押し売りするのは論外としても、
客がメリットを感じているのに、
クロージング(決断させること)出来ない営業マンもどうかと思う。

 

営業マンに、
商品に関する知識があり、
またよくその顧客の状況を把握していれば、
その顧客に合った商品というのは必ず存在する

 

保険なども、
今では非常に種類があり、
顧客に合わせた商品の提示が可能になっている。

 

顧客に合わせたパーフェクトな商品を提示している自信があれば、
必然的に、
勧誘もキツくなる。

 

当たり前である。

 

結論

 

まとまりのない文章になってしまったが、
とにかくどんな商品だろうと、
営業マンを介して商品を買う以上、
絶対に勧誘はある。

 

が、
あなたが素晴らしい営業マンに出会うことが出来れば、
その勧誘は、
決して悪の側面だけではなく、
あなたに決断させるために、
強く勧誘していることも多い。

 

全く必要の無いものの押し売りは論外ではあるが、
勧誘も悪い側面だけではないよ、というお話。

 

信頼出来るFPの選び方