信頼出来ないFPの3つの特徴

 

私は疑い深い性格のせいか、
生命保険に加入するまでに、
たくさんのFPに相談をしてきた。

 

おそらく、
20人以上のFPに相談しているだろう。

 

そこで、
そんな実体験を基に
私の個人的な意見にもなってしまうが、
信頼出来ないFPの特徴について、
話をしていこうと思う。

 

資格が無い

 

まずは、
資格の有無である。

 

ある意味当たり前の話ではあるが、
資格があるFPの方が、
資格がないFPよりも信頼は出来る。

 

特にファイナンシャルプランナーの資格を持っているFPは、
その相談のレベルも非常に質が高かったように思う。

 

持っている資格が多いFPの方が、
持っている資格が少ないFPよりも信頼は出来るし、
相談内容の質も高くなる可能性が高い。

 

資格の有無が全てでは無いが、
資格を持っている方が、
また持っている資格が多い方が、
信用は置きやすいし、
また実体験からも持っている資格が多いFPの方が、
相談内容の質も高かった

 

ちなみに持っている資格の有無は、
FPから貰う名刺に書いてあることが多いので、
名刺から資格の有無は知ることが出来る。

 

経験不足

 

次に経験不足

 

これも、
ある意味当たり前の話であるが、
FPとしての経験が長ければ長いほど、
FPとしての腕はいい

 

例えば、
新人のFPと、
歴20年のFPとでは、
提案する保険のレベルも圧倒的に変わってくる

 

勿論、
経験だけがすべてでは無いが、
FPとしての経験が長い方が、
優秀なFPである可能性は高い

 

営業マンとしてダメ

 

最後に、
営業マンとしての資質

 

営業マンとして、
顧客の立場に立った提案が出来るかどうか

 

個人的には、
生命保険のような高額商品を、
押し売りしてきたり、
即決を迫ってくる営業マンはダメだと思っている。

 

いくら知識があろうが、
資格があろうが、
営業マンとして顧客の立場に立てないFPは、
私はいいFPだとは思わない。

 

終わりに

 

FPにもあなたに合う合わないがあるので、
たくさんのFPに相談をすれば、
あなたにピッタリのFPを見つける可能性は高くなるだろう。

 

個人的には、
登録しているFPの質が圧倒的に高い、
保険マンモスで生命保険の無料相談をするのがおすすめである。