生命保険を断るときの方法について

 

生命保険を断るときの方法について、
話をしていこうと思う。

 

生命保険の断り方

 

例えば、
生命保険が必要だと思っていたり、
この保険ちょっといいなと思ったりしていても、
冷静になって考えてみれば、
やっぱり必要無い。

 

こう思う時もあるだろう。

 

そんな場合は、
どのように断ったらいいか迷う場合もあると思う。

 

私自身も、
20人以上のFPに相談し、
また自身も営業マンだったので、
顧客の気持ちも、
営業マンの気持ちもどちらもそれなりに理解できるが、
営業マン側に立って考えれば、
営業マンとしての理想は、
もしあなたに必要が無いものであれば
必要無いとハッキリ言ってもらうことである

 

ハッキリ必要無いことを伝えるのが理想

 

というのも、
ハッキリ必要無いと伝えてもらうと
もうその顧客のことを考える必要がなくなるからだ。

 

もし、
あなたが電話にかけても出なかったり、
返答をあやふやにしていると、
ひょっとしたらまだ関心があるかもしれない、
契約するかもしれないと思い、
営業マンはあなたに時間をかけてしまう
(優秀な営業マンであれば、
逆にそのような顧客は営業マンの方から切るのだけど。)

 

少しでも契約する気があるのであれば、
返答をあやふやにするのもいいと思うが、
もしあなたに契約する気が全くないのであれば、
ハッキリ言ってあげることが、
一番営業マンのためになるだろう。

 

とは言っても

 

とは言っても、
実際は電話であっても断るのは断りにくいと思うので、
(特にその営業マンと仲良くなっていれば仲良くなっているほど。
話は変わるが営業マンとは契約するまでは過度に親密にならない方がいい)
電話にあえて出なかったり、
折り返さなかったり、
また人によっては着信拒否するのもしょうがないことだろう。

 

そもそも、
その営業マンに腕が無いから、
契約まで行かなかったわけで、
(また営業マンが信頼されていないから、
しっかりと顧客に断られていないわけで。)
営業マンが信頼されていれば、
着信拒否されることも少ないだろうし、
また音信不通になることも少ないだろう。
(どうしても音信不通になることはあるが。)

 

なので、
最悪、
別に音信不通になろうが、
着信拒否にしようが、
しようがないことだろう。

 

終わりに

 

生命保険を断るときの理想は、
正直に自分には必要無いということをFPに言ってあげること

 

ただ、
あなたとFPとの関係が、
上手く取れていない場合は、
断ること自体がストレスになる可能性も高いと思うので、
そういう場合は、
音信不通にしたり、
着信拒否することもしょうがないことだと思う。

 

また、
生命保険をどこの会社、
誰に相談するか困っている人は、
登録しているFPの質が高い
保険マンモスがおすすめである。