20代の独身男性にとって生命保険は必要なのか否か

 

私は20代の時(24歳の時)に生命保険に加入した。
(ついでにがん保険にも加入した。)

 

子供がいたり、
結婚したりしている人は、
生命保険の存在価値はそれなりに大きいように思うが、
独身男性の場合、
生命保険にそもそも加入する意味はあるのか無いのか、
疑問に思う人もいるように思う。

 

そこで今回は、
実体験を基に、
20代の独身男性にとって生命保険は必要なのか否かについて、
話をしていこうと思う。

 

結論

 

いきなりだが結論から。

 

必要ない。

 

理由

 

いきなり結論から話をしてしまったわけだが、
ハッキリ言って、
20代のそれも独身男性にとって、
生命保険なんて必要無い。

 

なぜならば、
あなたが死んだところで、
誰も困る人がいないからだ。

 

なぜ私は入ったのか

 

必要無いと分かっているのに、
なぜお前は20代の時に生命保険に加入したんだ。
このような声が聞こえてきそうなので、
その声にお応えしようと思う。

 

一つは、
私が貯蓄型の生命保険を選んだからである。

 

貯蓄型の生命保険とは、
毎月の掛け金は高いが、
将来になれば、
掛け金以上のお金(解約返戻金)を貰えるというものである。
(つまり自分が生命保険に掛けた金額以上に、
将来返ってくるということである。)

 

つまり、
生命保険と貯金(資産運用)を兼ねているのだけど、
私は生命保険に加入した当時、
強制的に貯金をするシステムを作りたかったので、
このような形の生命保険に加入したということである。

 

他にも細かい理由はあるが、
強制的に貯金をするシステムを作りたかったというのが、
一番大きな理由である。

 

終わりに

 

そもそも論だが、
あなたに死んでも困るような人がいない限り
生命保険なんて絶対に必要ないし、
特に20代の独身男性にとっては、
生命保険なんて全く意味が無い

 

よほどの理由が無い限り、
生命保険のことを考えるくらいなら、
若い20代の男性ならば、
自分の仕事を頑張ったり、
プライベートや趣味に時間やお金を費やしたりと、
もっと自分のためになることの時間を作った方がいいだろう。