生命保険の3つのメリットについて

 

生命保険のメリットについて、
実際に生命保険に加入している私の体験談も込みで、
話をしていこうと思う。

 

安心が安い金額で買えること

 

まず初めに、
安心が安い金額で買えること

 

これも加入する人の年齢や加入する人の病気などの有無、
またどれだけの金額の保証を持つかによっても変わってくるのだけど、
例えば掛け捨ての生命保険であれば、
毎月数千円〜数万円の保険料を支払えば、
数千万円の死亡保障を持つことが出来、
このように比較的安い保険料で
大きな死亡保障を手にすることが出来るのは、
生命保険ならではの強みだろう。

 

特に後述するが、
あなたが亡くなって経済的に困るような人がいる場合
特に生命保険のメリットというものは、
大きなものになるだろう。

 

若い時に加入すれば保険料は安く済むこと

 

次に、
若い時に加入すれば保険料は安く済むこと

 

生命保険の費用(掛け金)というのは、
基本的に若い時に入れば入るほど、
保険料は安くて済む。

 

私は貯蓄型の生命保険に加入しているので、
ハッキリ言って毎月の保険料はそれなりに高いが、
もし掛け捨ての死亡保障に20代の時に加入していれば、
大きな保証を持つのにも、
非常に安い金額で持つことが出来ただろうし、
またこれは医療保険やガン保険など、
その他の保険に関しても同様のことがいえるだろう。

 

とにかく、
あなたの年齢が若ければ若い程
生命保険を所有するメリットが大きくなる可能性が高くなるのが、
生命保険のメリットであるといえるだろう。

 

家族がいる人であればメリットは大きい

 

最後に家族がいる人であれば、
メリットは大きいこと。

 

私なんかは20代の半ばで生命保険に加入した時は、
当然結婚もしておらず子供もいなかったので、
ハッキリ言えば私が死んでも誰も困る人はいなかったので、
(私が死んでも両親を始めとした身内が悲しむくらいだろう。)
そんな私なんかが生命保険に加入したところで、
大してメリットは無かったように思うが、
私なんかとは違い、
もしあなたに家族がいて子供などがいる場合
生命保険というのは大きな役割を持つことになるだろう。

 

特にあなたが亡くなって
経済的に困る人がいるのであれば
生命保険はそういう人にとっては大きなメリット、
役割があるといえるだろう。

 

終わりに

 

特に思うことは、
あなたにあなたが亡くなった時に
経済的に困る人がいるのであれば
生命保険は大きな役割があるということである。

 

特に掛け捨て型の生命保険で、
あなたの年齢が若い場合、
どのような保障を持つかによるが、
非常に安い毎月の保険料で大きな保証を持つことができ、
そういう人にとっては生命保険は大きなメリットがあるといえるだろう。

 

逆に悲しいかな私のように、
独身で子供もおらず、
死んでも誰も困る人間がいないのであれば、
生命保険というのは、
存在価値というものは非常に薄いように思う。